昭和の洋楽

懐かしい昭和の洋楽をお届けします。by 島猫

Till There Was You - Eileen Wilson, Anita Bryant, The Beatles

こんにちは! 島猫です。

 

 

"Till There Was You "は、1950年にメレディス・ウィルソンが作曲したショー・チューンで、原題は "Till I Met You "です。1950年10月25日にMeredith Willson & his OrchestraとEileen Wilsonによって録音されました。この曲は、メレディス・ウィルソンの音楽劇『ミュージック・マン』(1957年)で改題されて使用され、1962年の映画版にも登場しています。司書のマリアン・パルー(ブロードウェイではバーバラ・クック、映画ではシャーリー・ジョーンズが演じた)が、第2幕の終わりに "教授 "ハロルド・ヒル(ブロードウェイと映画ではロバート・プレストンが演じた)に向かって歌っています。

 

Eileen Wilson Version

www.youtube.com

この曲の初期バージョンである「Till I Met You」は、1950年にアイリーン・ウィルソンが初めて録音しています。

 

Anita Bryant Version

www.youtube.com

1959年、この曲はアニータ・ブライアントにとって4曲目の全米トップ40ヒットとなりました。

 

The Beatles Version

www.youtube.com

"Till There Was You "は、ビートルズが1963年に録音したもので、セカンドアルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』(1963年)(イギリス)と『Meet the Beatles! (1964年)(米国)に収録されました。この曲は、バンドがリリースした唯一のブロードウェイ・ショーの曲でした。

 

参考文献